2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

皇統の護持を願いネット有志が集うオフ4

1 :エージェント・774:2006/12/28(木) 20:19:43 ID:/iNnBy7k
官僚主導による女系天皇推進に反対するオフです。
具体的なオフ提言・オフ告知・オフレポ専用スレです。

議論は↓こちらで。
【皇位継承】万世一系の皇統を守る9【男系維持】
http://off3.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1166609691/

■お願い■ 荒らしや煽りは徹底スルーでお願いします。

前スレ
http://off3.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1143108283/

前々スレ
http://off3.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1138500840/

2 :前スレからコピペ:2006/12/28(木) 20:24:18 ID:/iNnBy7k
954 鹿爪 2006/12/21(木) 21:40:41 ID:ZGCUKwp5
■「皇室と日本を考える」第八回学習会

 平成19年1月6日(土)開始時間:13:20〜16:20 (最大延長30分)
 豊島区勤労福祉会館 第六会議室
 豊島区西池袋2-37-4 池袋南口から徒歩3分TEL:03-3980-3131
 http://nihon.lar.jp/02.html

◎今月のテーマ:

「皇室典範とは何か?
   〜皇統護持運動はどう進めるべきか?/櫻井 雅輝」

小泉内閣下で女系を容認しようとした皇室典範改正問題は、
親王殿下がご誕生されたとは言え、根本的な問題は未だ解決されていない。
期が熟した今こそ、今後課題とすべき問題是正と皇統の安定化へ向う必要がある。
○憲法第二条、皇位規定の4大矛盾点
○皇室典範とは何か?明治典範と何が違うのか?
○皇室典範改正は、是か非か?
○皇室典範の本来あるべき姿とは?
以上、皇統護持運動を議論するうえで外せない項目を考えてみたいと思います。

 参加費:無料 参加連絡:不要
    (できれたら参加表明していただけるとありがたいです)

 ☆初参加大歓迎です!
     ・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!

■主催:「皇室と日本を考える」実行委員会
     http://nihon.lar.jp/
■共催:女系天皇に断固反対する会
    http://mixi.jp/view_community.pl?id=334458
     万世一系の皇統を守る会
    http://off3.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1166609691/

お問合せなどはinfo@nihon.lar.jpまでよろしく!

3 :前スレからコピペ:2006/12/28(木) 20:24:49 ID:/iNnBy7k
963 彦十郎 ◆cJvFWLWQj6 2006/12/27(水) 17:25:09 ID:q3SomuWS
☆皇統の未来を守るオフ13☆
☆学習会「WGIPにみるGHQの占領政策と日本人の皇室観」☆

●日時:平成19年1月14日(日曜日)午後1時〜5時(開場は約10分前)

●場所:大阪市立中央青年センター(大阪市中央区法円坂1-1-35)
 3階A棟7号室
http://www.mapion.co.jp/c/here?S=all&F=mapi5014822061223111449

●アクセス:JR大阪環状線「森ノ宮」駅より西徒歩10分
 大阪市営地下鉄中央線・長堀鶴見緑地線「森ノ宮」駅より西徒歩9分
 大阪市営地下鉄中央線「谷町四丁目」駅より東徒歩9分

●テーマ:皇室典範の問題を初めとして、最近の日本における多くの問題(憲法、
 教育、拉致、自衛隊、道徳の崩壊等々)が、その遠因を探っていくと、戦後GHQの
 占領政策に端を発していることに気付かざるを得ません。そこで、今回は、GHQの
 占領政策、特にWGIP(War Guilt Information Program)と呼ばれる宣伝政策によっ
 て歪められた日本人の歴史観、そして皇室観について、みなさまと共に学んでい
 きたいと思います。

●費用:無料。懇親会参加者は飲食代適宜。

●当日連絡先:090-9273-5667
 当日の12:00〜懇親会終了時まで繋がります。メール、ルス電不可。

4 :鹿爪:2006/12/29(金) 08:55:21 ID:vSUfA5G2
トピ作成 乙であります。

5 :ワヤ ◆3gf69duuf. :2006/12/29(金) 23:54:43 ID:ll7WISfc
今更ながら、>>1乙です。

新スレなので、各オフのHPとか、皇室典範改悪反対のHPとかもリストアップして
貼っておいた方がよいんじゃないかと思うんですが、、、

まぁ、色んな人が、それぞれにHP作ったり、ブログとか、ミクシィとかで、あるみたい
なんで、まとめてリストアップするのは難しいのかもしれませんが、、、(^_^;

とりあえず、↓以下のHPがオフのまとめHPということでよかったんでしょうか?

(関東のオフ)
「皇室と日本を考える」
http://nihon.lar.jp/

(関西のオフ)
「皇統の未来を守るオフ」
http://www.angelfire.com/journal2/hikojuro/

(名古屋も隔月?で)


それから、ビラとかチラシを作られてるHPが、以下↓

天皇家の万世一系(男系)による皇位継承という伝統を守ろう!
http://www.geocities.jp/banseikkei/

皇室から伊勢神宮をうばわないで!(音が鳴ります)
http://space.geocities.jp/nanai_chikyu/

(他にもあったかもしれませんが、とりあえずm(__)m)

6 :鹿爪:2006/12/30(土) 09:17:12 ID:CL+Jf8MO
ワヤ殿 まとめ乙であります。

7 :鹿爪:2007/01/04(木) 19:53:08 ID:msDm7s4p
書き忘れてましたが、 >>3の学習会のあと、飲食代適宜で懇親会を予定しています。
皇室と日本の来し方行く末を語らいましょう。

8 :鹿爪:2007/01/08(月) 18:18:17 ID:e1eYwomx
■「皇室と日本を考える」第八回学習会のご報告

雨のせいか出足は悪く、関西からいらしゃってくださった二名の方を含めても、
今回の参加者は十一名ほどでした。
しかし、櫻井ナビは気合十分で意義深いお話をしてくださいました。
以下のその内容です。
まずは皇位の継承を男系に限ることは憲法違反かどうかについて。
憲法第十四条でいう男女同権は相対的なものであって絶対的なものではなく、
合理的な理由があれば違憲基準に抵触しない。
皇位が万世一系の原則により継承されてきたことなどの、
歴史的客観的事実を考えれば、
皇統を男系に限ることは必ずしも憲法違反ではない、とのことでした。
次に憲法無効論について。
現行憲法は占領軍により草案が作られたものであるとはいえ、
日本の自主性が必ずしもなかったわけではなく、
また主な連合国と講和後、すでに五十五年近くの歳月が流れており、
日本国民が憲法改正を望むならば、いつでも改憲できる環境にあったのであり、
無効論はかなり無理があるのではないか。
また今上陛下の皇太子時代のお言葉や即位の際の詔を考えれば、
陛下が憲法を大切に思われていることは明らかであり、
無効論は国賊となってしまう可能性がある、とのことでした。
(続く)

9 :鹿爪:2007/01/08(月) 18:19:27 ID:e1eYwomx
(続き)
次に憲法第二条について。
「第2条(皇位の継承) 皇位は、世襲のものであって、
国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する。」
この条文には四つのおかしな点がある。
一つには、なぜ「世襲」と書いてあるにもかかわらず、
それを男系男子に限ると明記されていないのか。
二つには、皇室典範を他の一般法と同様の法律とするならば、
なぜ「国会の議決した」と書く必要があるのか。
三つには、なぜ「皇室典範」という特定法規の名称がわざわざ条文中に記載されているのか。
(他にそのような例はない)
四つには、なぜ「皇室法」ではなく「皇室典範」なのか。
天皇に裁可権も改正の発議権もないのに、
現在の皇室典範を、皇室の家法たるべき「皇室典範」の名称で呼ぶのは正しくない。
以上のことを踏まえて、憲法第二条は、
「皇位は、世襲のものであって、法律の定めるところにより、皇男子が継承する」
とするべきであろう、とのことでした。
次に明治典範と現行典範の違いについて。
明治典範は勅定によるものであって、
国務における最高法規である帝国憲法と同格の宮務における最高規範であり、
その改正には議会を経る必要はなかった。
一方、現行典範は国会の議決によるものであり、
現行憲法の下位法として位置づけられており、数多の一般法規と同格とされている。
このように根本的に違う法律を同じ「皇室典範」という名称で呼ぶのはおかしい。
現行典範の名称は「皇室法」とするのが適当であろう。
また、小泉首相が国会の議決だけでいとも簡単に皇位継承の原理原則を、
捻じ曲げようとした事実を考えても、
皇室の家法たる皇室典範は国会の議の圏外に置くのが正しい、とのことでした。
(続く)

10 :鹿爪:2007/01/08(月) 18:21:12 ID:e1eYwomx
(続き)
次に旧皇族の皇籍復帰の手続きについて。
旧皇族のご存在自体、一般国民はあまり認知していない現状を考えると、
彼らの存在を世間に知ってもらう運動は必要であろう。
しかし、皇室典範改正など旧皇族復帰のための法整備を、
天皇の御心と係わりなくやろうとするならば、政府の女系推進と同罪である。
まずは典範に関する天皇の発議権・裁可権について法的整備する方が先であるはずだ。
そもそも皇位継承の原則は、天壌無窮の神勅に基づくもので、
我々一般国民は勿論、皇族方でさえ簡単に触れてはいけない神聖なものである。
人智を超えた原理原則を守らなければ、皇位の皇位たる意味がなくなってしまう。
先帝陛下は、占領下での憲法改正の折、草案の公表前日に、
「皇室典範改正の発議権を留保できないか」とお述べになっていたという。
GHQの圧力により最後は「今となっては致し方あるまい」とお許しになったが、
そのご無念を今こそ晴らすべきではないか、とのことでした。
櫻井ナビの話は以上。
その後、質疑応答や意見交換がありました。
因みに、憲法無効論に関しては数名の方から賛成の立場での意見がありました。
以上、乱雑ながらご報告まで。
誤りなどありましたら、参加者の皆様、訂正宜しくお願いします。

11 :エージェント・774:2007/01/08(月) 23:39:04 ID:6zNWUxCJ

「在日特権を許さない市民の会」発足総会

2007年01月20日(土)
東京都江戸川区 東部フレンドホールにて
「在日特権を許さない市民の会」発足集会を開催いたします。

14:30 開場
18:00 終了予定

西村幸祐氏の講演や
「在日社会の未来」をテーマにした座談会などを予定しています。

入場は無料で、
非会員の方もご入場いただけます。
ぜひふるってお越しください。

会場の地図やその他の詳細については
以下のリンク先を参照してください。
(アドレスは二段をつなげてください)

http://zai.japa
n.aikotoba.jp/


12 :彦十郎 ◆cJvFWLWQj6 :2007/01/12(金) 18:37:11 ID:fQ+52tHW
今年も宜しくお願い致します。

☆皇統の未来を守るオフ13☆
☆学習会「WGIPにみるGHQの占領政策と日本人の皇室観」☆

●日時:平成19年1月14日(日曜日)午後1時〜5時(開場は約10分前)

●場所:大阪市立中央青年センター(大阪市中央区法円坂1-1-35)
 3階A棟7号室
http://www.mapion.co.jp/c/here?S=all&F=mapi5014822061223111449

●アクセス:JR大阪環状線「森ノ宮」駅より西徒歩10分
 大阪市営地下鉄中央線・長堀鶴見緑地線「森ノ宮」駅より西徒歩9分
 大阪市営地下鉄中央線「谷町四丁目」駅より東徒歩9分

●テーマ:皇室典範の問題を初めとして、最近の日本における多くの問題(憲法、
 教育、拉致、自衛隊、道徳の崩壊等々)が、その遠因を探っていくと、戦後GHQの
 占領政策に端を発していることに気付かざるを得ません。そこで、今回は、GHQの
 占領政策、特にWGIP(War Guilt Information Program)と呼ばれる宣伝政策によっ
 て歪められた日本人の歴史観、そして皇室観について、みなさまと共に学んでい
 きたいと思います。

●費用:無料。懇親会参加者は飲食代適宜。

●当日連絡先:090-9273-5667
 当日の12:00〜懇親会終了時まで繋がります。メール、ルス電不可。

13 :エージェント・774:2007/01/15(月) 00:23:08 ID:ASV+as9p

レポはないの?



14 :むらさぎ:2007/01/15(月) 01:51:34 ID:qqSo0NIt
まだ飲んでるだろw

15 :ワヤ ◆3gf69duuf. :2007/01/15(月) 02:20:10 ID:Zgqxptba
私は帰宅しております。ただ、もういっぱいいっぱいなので、オフレポは他の方に期待、

おやすみなさい。zzzzz


16 :彦十郎 ◆cJvFWLWQj6 :2007/01/16(火) 19:26:50 ID:38m5XPQe
どうもお待たせしました。

14日のオフ参加者の皆様、ありがとうございました。ワヤさん、お疲れ様でした。

参加者は、初参加の方1名を含む11名でした。前年9月の提灯ウォーク以来久しぶりに来ていただいた方もいらっしゃいました。

13時すぎから始まった学習会では、GHQの文書や江藤淳著『閉ざされた言語空間』をテキストとして、終戦後の占領政策、
特にWGIP(War Guilt Information Program)と呼ばれる宣伝政策について、その起源や具体的事例について学習しました。

(WGIPについては、ワヤさんの http://members.at.infoseek.co.jp/WGIP/ ___WGIP広報局___を御参照下さい)

続いて昭和二十一年の「年頭の詔書」全文を奉読し、WGIPの統制下にあった当時の新聞がこの詔書をいかにゆがめて伝え、
それが“人間宣言”などという、実態とは全くかけはなれた俗称で呼ばれるに至ったかという理解を共有しました。

学習会終了後は、17時ごろから森之宮駅前で新年会を開き、初参加の方も含めて懇親を深めました。
席上、参加者の一人から舞鶴市の神社乗っ取り問題についての注意喚起があり、チラシを頂戴しましたことを特に申し添えておきます。

17 :ワヤ ◆3gf69duuf. :2007/01/22(月) 03:58:48 ID:60Y7fbBY
既に1週間経過してしまいましたが、1月14日のオフで使用した資料について、
↓下記HPで、一時的に公開しております。将来的には、違った形式で、
より分かりやすく説明するような文章にしたいという気持ちはあれど、現在未定、、、

http://members.at.infoseek.co.jp/WGIP/file/wgip_matome.html

18 :エージェント・774:2007/01/26(金) 21:25:20 ID:Kq+xmCOJ
■第九回「皇室と日本を考える」学習会
2月3日(土)17時40分〜20時40分くらい(最大延長30分)

豊島区勤労福祉会館 第六会議室
豊島区西池袋2-37-4 池袋南口から徒歩3分TEL:03-3980-3131
http://nihon.lar.jp/02.html
池袋南口からメトロポリタンホテル方向に徒歩4分
池袋警察署ならび TEL:03-3980-3131

◎二月のテーマ「A)日本建国の理念/B)古代日本の正義と悪」

※今回は、学習会の冒頭に、当日その場で参加された皆さんに、
 二つのテーマのうちどちらを聞きたいか選んでいただきます。

A)神話と歴史から考える日本建国の理念

「紀元節」を前に、日本の建国を考える。
神武天皇の実在性は?皇紀2600年は事実なのか?
「天孫邇々芸命降臨」と「神武天皇東遷」の関係・比較。
そのどちらが日本のはじまりなのか?
「建国」と「肇国」、「天祖・天孫・皇祖・皇孫」は、どう同じでありどう違うのか?
男系継承の神話的起源と歴史的実態。
「天壌無窮」の神勅と建国の理想「八紘一宇」からみた国家観、
そして現代政治における意味とは。

B)「大祓」の行からみた古代日本の「正義と悪」

六月と十二月に行なわれる神道の「大祓」の行。
ここで奏上される「大祓詞」に出てくる「天津罪・国津罪」の解釈からはじめて、
「禍事(まがこと)→罪(つみ=積)→穢(けがれ=気枯)」の三段階論、
「ハレ・ケ・ケガレ」の循環説、「祓い・浄め・禊」の意味の範疇、などの解説・整理。
そこから古代思想における正義論・悪魔論・人生論・幸福論を導きだし、
日本人の倫理と生き方を考える。

○参加費:無料(できれば参加表明してください。懇親会参加者は飲食代適宜)

■主催
「皇室と日本を考える」実行委員会
http://nihon.lar.jp/
(※お問合せ&連絡先:info@nihon.lar.jp)
■共催
女系天皇に断固反対する会
http://mixi.jp/view_community.pl?id=334458
万世一系の皇統を守る会
http://off3.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1147608766/

19 :エージェント・774:2007/01/26(金) 23:12:26 ID:fs3pUjGM
>>10
「旧」宮様のご復帰を賜るための臣民による運動は必須と考えるが、陛下の
御意向を賜るのは平成維新でも起きない限り不可能ではなかろうか?

20 :エージェント・774:2007/01/27(土) 19:40:21 ID:FTS+B9qG
>>19
今だって記者会見なりで陛下のご意向を内外に示すことは可能だろう。
それをされないということはその意向が陛下にないか、あったとしてもさして強くないということだろうね。

21 :彦十郎 ◆cJvFWLWQj6 :2007/01/28(日) 18:46:47 ID:82sRGtoc
関西の2月オフのお知らせです。

☆皇統の未来を守るオフ@紀元祭☆

●日時:平成19年2月11日(日曜日・建国記念の日)午前10時40分集合厳守

●集合場所:近鉄「橿原神宮前」駅中央口改札前
http://www.mapion.co.jp/c/here?S=all&F=mapi5103752070128173039
http://www.kintetsu.co.jp/soukatsu/kounai/kashihara.html

●アクセス:近鉄南大阪線・橿原線・吉野線「橿原神宮前」駅
http://www.kintetsu.co.jp/railway/rosen/A50001.html
※9:50に大阪あべの橋を出る吉野行き急行に乗車すれば、10:28に橿原神宮前着。
※9:09に近鉄京都を出る橿原神宮前行き急行に乗車すれば、10:25に橿原神宮前着。

●次第:午前11時より橿原神宮において勅使参向など紀元祭を拝観。
 昼食後、神武天皇畝傍山東北陵参拝など現地学習を実施(詳細変更可能性あり)。
 夕刻より大和八木駅周辺で直会予定。

●雨天:決行。ただし橿原神宮参拝後の予定は変更可能性あり。

●費用:昼食代・交通費適宜。直会参加者は飲食代適宜。

●当日連絡先:090-9273-5667
 当日の10:00〜直会終了時まで繋がりますが、祭儀斎行中は電源を切ります。メール、ルス電不可。

22 :エージェント・774:2007/02/01(木) 16:39:49 ID:eZi+HDHg
>>20
今上天皇は国民統合の象徴という憲法に定められた自らの立場を大切にされている。
だから、旧皇族の復帰を心の中で望まれていたとしても、それを明言されることはないだろうね。

23 :エージェント・774:2007/02/01(木) 18:57:27 ID:/ElfvMoY
ネットに嵌る皇族について
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1170319502/


きめえええええ

24 :エージェント・774:2007/02/03(土) 20:56:02 ID:GLjnHHTD
>>18

終了した頃ですね。私は行けなかったのでどなたかレポお願いします




25 :エージェント・774:2007/02/04(日) 15:02:16 ID:cK+zlO6/
ちょいお待ちを。

26 :エージェント・774:2007/02/04(日) 17:53:28 ID:cK+zlO6/
ちょうではなくてかなりお待ちをかもしれません。

27 :エージェント・774:2007/02/06(火) 21:52:11 ID:baWqVkxl
 気持ちよい晴れ間の広がった如月のはじめ、池袋駅西口の市街から少し住宅地帯に入ったところ
にある豊島区勤労福祉会館にて、毎月恒例の皇室と日本を考える学習会が開催されました。以下、
拙い文章ではありますが、ご報告申しあげたく思います。
 告知をご覧になって方はご存知だと思いますが、今回はA『神話と歴史から考える日本建国の理
念』とB『大祓の行からみた古代日本の正義と悪』と二つ用意されたお題から、当日の参加者の人た
ちにどちらかを選んでいただいて話をするという、むらさぎ氏にしかできないような趣向があったわけ
ですが、建国記念の日も近いということでしょう、Aのお題が選ばれました。僕としてはBの方もかなり
興味があったのですが、恐らくそちらはまたいずれやってくださるのでしょう。参加者は、ナビ役のむ
らさぎ氏を含め十三名。うち初参加の方は二名。

『神話と歴史から考える日本建国の理念』

 雲に聳ゆる高千穂の 高根おろしに草も木も
 靡き伏しけん大御代を 仰ぐ今日こそ楽しけれ

 皆さんはこの紀元節の歌というのをご存知でしたか?僕は昨日はじめて知ったのですが、帝国日
本では現在の建国記念の日に学校で生徒たちはこの歌を歌い、わが国の建国を祝ったそうです。つ
いでに紅白の大福なんかも貰ったりして、子供たちの笑みが思い浮かぶようで、思わずこちらまで微
笑んでしまいますね。祖先たちの生きた日々のこと懐かしく感じました。

一.日本の建国はいつなのか。

 皆さんは日本の建国という言葉を聞くと、どのようなことを連想しますか?普通に考えれば、邇邇
芸命の天下りをもって建国とする考えと、神武即位をもってそれとする二つの説に限られそうです
ね。両説の違いとしては、邇邇芸命の天下りは神話上の話であり、それに対して神武即位は歴史
上のこと出来事であるということがあげられます。
 僕としては、やはり神話と歴史ははっきりと分別するべきであろうという観点から、神武天皇の即
位をもってそれとするべきではないかと思います。なぜ神話と歴史を分別しなければならないかと言
いますと、神話とはどうしても荒唐無稽なものであり、そうである以上、万人が信じることのできるも
のではありません。勿論、神話には神話としての価値と意味を持っているのですが、国民の誰も彼も
にそれを強要することはできないでしょう。建国とは国家の起こりである以上、国民誰もが疑いなく思
いを馳せることができる、歴史の範疇の中にそれをもってくることが望ましいと考えます。

一.「肇国」と「建国」について

 黒坂勝美という戦前の学者は、「建国とは革命なり侵略なりにより成立つものであり、従って日本
には肇国しかない」という趣旨のことを主張していたそうです。しかし、普通に考えて建国とは国を建
てるということですから、侵略なき建国があってもまったく問題はありません。肇国と建国は同じ意味
です。
 ここからは僕の感想ですが、黒坂勝美氏は、天皇国である日本は他所の国よりも優れているのだ
ということを言いたいがために、このような牽強付会をされたのでしょうか。しかし、日本が天皇国で
あることは事実ですが、ただそれだけで日本が他国より優れている理由とはなりえないのではない
でしょうか。

一.皇祖とは神武天皇なのか、天照大御神なのか。

 歴史的な事実としては、皇祖という言葉は天之御中主神や伊邪那岐命から神武天皇までの神々
に対して使われてきたそうです。ですから、神武天皇のことを皇祖といっても問題ありませんし、天照
大御神のことを皇祖といってもよいそうです。
 ここでちょっと考えてみますと、皇祖という言葉には二つの意味があるように思います。一つは皇室
の祖先という意、もう一つは皇統の初代という意。神武天皇以降を皇統皇室と呼ぶならば、前者に
は天照大御神から鵜葺草葺不合命(神武の父)までの神々が該当するでしょう(天之御中主神や伊
邪那岐命が皇室の祖先に当るのかについては、確信が持てません)。後者は神武天皇ということに
なりましょう。しかし、邇邇芸命以降を皇統・皇室とするならばまた変わってきます。ただ上にも述べ
ましたとおり、神武天皇より前は神話であり、それ以降が歴史とであることを考えれば、皇統の初代
という意味での皇祖はやはり神武天皇とするべきではないでしょうか。

28 :エージェント・774:2007/02/06(火) 21:53:35 ID:baWqVkxl
一.国譲りと天孫降臨の意味とは。

 ともに国生み神生みを成した伊邪那岐・伊邪那美の二神は、黄泉の国で伊邪那岐が死後の伊邪
那美の醜い姿を見てしまったことにより、離別します。このことは天地の分離を暗示しているそうで
す。実際その後、高天原は天照大御神が治め、豊葦原は須佐之男命の末である大国主命が治める
ところとなりました。ここで天照大御神は、再三にわたって豊葦原に天神を派遣し大国主に国譲りを
迫り、それが実現すると、天壌無窮の神勅を下し天孫邇邇芸命を豊葦原に差し向けました。このこと
は何を意味するのでしょうか。
 一つには天地は永遠に分離してはいけないということだそうです。確かに、天地の分離を防ぐため
に天皇はこの世界にいらっしゃると考えることは、神話から皇室を理解しようとする立場からは納得
できるものだと思います。
 もう一つには現実の世界と霊的な世界の分離ということだそうです。国譲りや天下りの前には、豊
葦原では現実の世界と霊的な世界が混在していました。しかしそれ以降には、両者の分離が徐々
に進行することとなります。これは国譲りの際に、現実の世界は天照大御神の子孫たる天皇が治め
る、霊的な世界は大国主命が治めるという取り引きがあったことを暗示しているのではないかとのこ
とでした。言ってみれば、皇室は天地の再統合と幽現の分離を経て、自然の摂理として始まったと
いうこともできるかもしれません。

一.八紘一宇の理想とは。

 神武天皇は東遷を果たし即位建都の詔で、「八紘(アメノシタ)を掩ひて宇(イエ)と為さむこと、亦可から
ざらめや」と述べられました。これが有名な八紘一宇の思想です。建国の昔に神武の兄弟が海を越
え遠く彼方へと向ったように、上古において日本は海洋により世界と結びついていたのであり、決し
て現代のようなひきこもり的な島国ではなかったそうです。日本は八紘一宇という素晴らしい建国の
精神に立ち返って、天皇を中心とした多民族国家すなわち帝国を再建するべきではなかろうかとの
ことでした。
 また、帝国とは現代では悪いイメージのように思われていますが、民族間の凄惨な紛争を防ぐとい
う意味では民族割拠主義より平和的であり優れているそうです。類似の考えとして、左翼の人たち
が主張する他民族共生社会というものもありますが、これは国家の中心というものを考えない妄想で
ありうまく行かないだろうとのことでした。

 なお上記の文章は、むらさぎ氏のお話を僕の理解と解釈により再現したものですから、自ずと氏の
真意から離れてしまった部分はあるでしょうし、また真意が抜け落ちてしまった部分もあるでしょう。
また氏の紹介してくださりました諸々の逸話や小話は、多く割愛させていただきました。ご了承くだ
さい。

29 :明日:2007/02/10(土) 10:30:51 ID:lGT2cyf+
☆皇統の未来を守るオフ@紀元祭☆

●日時:平成19年2月11日(日曜日・建国記念の日)午前10時40分集合厳守

●集合場所:近鉄「橿原神宮前」駅中央口改札前
http://www.mapion.co.jp/c/here?S=all&F=mapi5103752070128173039
http://www.kintetsu.co.jp/soukatsu/kounai/kashihara.html

●アクセス:近鉄南大阪線・橿原線・吉野線「橿原神宮前」駅
http://www.kintetsu.co.jp/railway/rosen/A50001.html
※9:50に大阪あべの橋を出る吉野行き急行に乗車すれば、10:28に橿原神宮前着。
※9:09に近鉄京都を出る橿原神宮前行き急行に乗車すれば、10:25に橿原神宮前着。

●次第:午前11時より橿原神宮において勅使参向など紀元祭を拝観。
 昼食後、神武天皇畝傍山東北陵参拝など現地学習を実施(詳細変更可能性あり)。
 夕刻より大和八木駅周辺で直会予定。

●雨天:決行。ただし橿原神宮参拝後の予定は変更可能性あり。

●費用:昼食代・交通費適宜。直会参加者は飲食代適宜。

●当日連絡先:090-9273-5667
 当日の10:00〜直会終了時まで繋がりますが、祭儀斎行中は電源を切ります。メール、ルス電不可。

30 :彦十郎 ◆cJvFWLWQj6 :2007/02/13(火) 21:11:20 ID:Se77atEN
紀元祭オフ参加者の皆様、ありがとうございました。

参加者は途中参加や途中離脱の方も含めて15名。2ちゃんねるとは関係ありませんが、
地元からご家族連れで顔を出していただいた方もいました。

当日午前10時40分に近鉄橿原神宮前駅に集合。私(彦十郎)があべの橋から乗った急行
は「建国号」というヘッドマーク付きでした。午前11時から始まる紀元祭の祭典に間に合
うよう、参拝者の人並みに混ざって、国旗を先頭に表参道を橿原神宮へ。電柱ごとに日章旗
が掲げられた参道には露店が立ち並び、建国を祝うお祭気分がいやがうえにも高まってきます。
少し遅れて来た方を待つため大鳥居の下に留まっていると、駐車場に並ぶ街宣車から降りて
きた右翼団体が、ギャラリーや公安のフラッシュのなか次々に行進して行きます。我々も鳥居
をくぐって参進すると、境内でも様々な政治団体や宗教団体が思い思いのアピールをしていま
した。色んな人に開かれた建国の聖地、といったところでしょうか。

外拝殿に到着し紀元祭の祭典を拝見していると、集合場所では会えなかった参加者も次々に合流。
勅使参向の際には、拝殿に詰め掛けた人並みを分けるロープが即座に張りめぐらされ、皇室より
奉献される御幣物とともに勅使が参進されました。その後、神楽奉納、国歌奉唱、「紀元節の歌」
奉唱とすすみ、再びロープが張りめぐらされて勅使が退下され、12時をもって式典は終了。祭典
のあとは、境内で奉納されている古武道や空手、銃剣道の演武・試合をしばらく見学したあと、
橿原森林公苑を通って神武天皇畝傍山東北陵(うねびやまのうしとらのすみのみささぎ)へ。
橿原神宮と違って訪れる人もいたって少ない中一同参拝。参拝後、隣接する宮内庁書陵部
畝傍陵墓監区事務所を訪問し、御陵印を捺させていただきました。

その後、近鉄畝傍御陵前駅に移動し、13時すぎに一路桜井へ電車移動。桜井では、神武天皇の御名
「神日本磐余彦尊」に因むという「磐余橋」を訪れたあと、ファミレスで昼食と休憩。昼食後、
等彌神社へ向かいましたが、この神社は、『日本書紀』神武紀に、天皇が鳥見山に霊畤(まつりのには)
をたて皇祖天津神を祀られた、とある故地で、延喜神名帳所載は勿論のこと、昭和十五年の皇紀二千六百年
に際して縣社に列せられた、神武肇国の大業を今に伝える聖蹟の地です。苔生した石燈籠と丈高い杉木立
が続く昼なお暗い参道を進むうち、荘厳な空気に気圧されたのか参加者はみな無口になっていきます。
神威に圧倒されながらも参加者一同参拝を終えました。

等彌神社をあとにして桜井駅へ戻る途中、若桜神社にも参拝。村の鎮守さまといった趣の小さな神社で
あるにもかかわらず、社頭の由緒書を見ると御神徳の筆頭に「国家安泰」を掲げるあたり、ただならぬ
ものを感じさせる古社でした。昨年御陵での清掃オフを行った履中天皇の皇居、磐余稚桜宮の推定地の
ひとつでもあります。

その後、17時前に桜井駅から大和八木駅に移動し、駅前の居酒屋で直会を開き、一日の行事を終了しました。

31 :ワヤ ◆3gf69duuf. :2007/02/13(火) 23:56:31 ID:BssKLKZX
彦十郎さんのオフレポにかぶりますが、私もオフレポ書いてみますた。

-----
朝から近鉄電車に乗って橿原神宮前駅へ。
漏れは普段、近鉄電車を利用することはないので、少々観光気分♪
駅で集合して、そのまま歩いて橿原神宮へ。
道すがら、カステラ屋台の匂い。鳥居前には、一般の参拝客に混じって、街宣車と
よくは分かりませんが複数の団体さん方も多数いらっしゃいますた(^_^;

彦十郎さんの携帯に連絡があり、少し遅れて参加の方が、もう駅から向かっている
とのことなので、5分ばかり?待って合流し、鳥居をくぐる。

手水をとってから、南神門より入り、外拝殿から参拝しつつ見学。

外拝殿には賽銭箱があって、それより奥はロープでしきられて全国からの参列者が
パイプ椅子で参列されており、その前にはマスコミのカメラマンの姿も。

内拝殿のほうでは、宮司?の方々がなにやらなされている様子。
と思いきや、しばらくすると、外拝殿の真ん中もロープでしきられ、そして勅使の
方(と、どうやら奉納物)が中へ入って行かれる。
頭を下げつつお見送りする。
再度ロープが元に戻され、しばらくすると、内拝殿のほうでは、舞の奉納も始まる。
その後、国歌の斉唱。
「君が代は、千代に八千代に・・・」まさに(男系の)皇統護持を願う気持ちで、
自分も声に出して歌ってみる。
次に、紀元節の歌?
(彦十郎さんのオフレポにもあるように「紀元節の歌」で合ってたようですね。)
これは歌詞が分からず。(^_^;
その後、再度、外拝殿の真ん中がロープでしきられて、勅使(と宮司?)の方々が
帰って行かれました。

(続く)

32 :ワヤ ◆3gf69duuf. :2007/02/13(火) 23:57:59 ID:BssKLKZX
(続き)

さらに、外拝殿の外側では、銃剣道の試合や、空手の演武なども奉納されている様子。
そちらも少し見学してると一時はぐれてしまった。(*´д`)
しかし、すぐに合流し、そして歩いて神武天皇陵へ移動。

神武天皇陵は人もまばらでしたが、再び手水をとって、参拝。
ここの手水は、普段は使われてない雰囲気が。。。

ついでに?、畝傍陵墓監区事務所も見学に、何人かの方は手帳等に「御陵印」を捺していました。

そして、近鉄電車で桜井へ移動し、昼食場所のファミレスへ歩く途中、神武天皇
(神日本磐余彦尊:カムヤマトイワレヒコノミコト)のお名前が残っているという
「磐余橋(イワレバシ)」を見学。
ま、何てことのない小橋で、普通に道路の一部と化してまつ。。。(^_^;
そして、ファミレスで昼食しつつ暫し歓談。

昼食後は、由緒ある?碑もある参道を歩いて、神武天皇が皇祖天津神を祭られた
という鳥見山にある等弥神社を見学へ。(ちなみに他にも候補地があるようです)

全部のお社を巡ることはしませんでしたが、下津尾社、桜井市護国神社、上津尾社に
は参拝もしました。
建ってるお社の方角が、あっち向いたり、こっち向いたり、してるようなのが印象的です。
さらに少し登って、霊畤(まつりのには)拝所(山の中腹よりもまだ下の方にあたる
と思われる地点ですが)にて、神武天皇の御代を偲びました。

さらに、若桜神社へも見学&参拝に。
(ここも延喜式の式内社として、もう一つ候補地があるようですが)
入ってすぐに未だ新しい説明書きも建てられていますが、拝殿は何だか独特な雰囲気
もありました。

この後は、また近鉄電車で大和八木へ移動して懇親会。漏れはアルコールがダメなので
ウーロン茶で乾杯&歓談しますた。

33 :鹿爪:2007/02/17(土) 19:17:27 ID:vcpX6TaN
■第十回「皇室と日本を考える」学習会
3月3日(土)17時40分〜20時40分くらい(最大延長30分)

豊島区勤労福祉会館 第三・四会議室
豊島区西池袋2-37-4 池袋南口から徒歩3分TEL:03-3980-3131
http://nihon.lar.jp/02.html
池袋南口からメトロポリタンホテル方向に徒歩4分
池袋警察署ならび TEL:03-3980-3131

◎今回のテーマ『万葉集からみる天皇と日本/石川太郎(歌人)』

万葉の昔、天皇とはいかなる存在であったのか。
そもそも天皇とは神なのか、人なのか。それとも神であり、人でもあるのか?
天皇に仕える臣としてのあり方は?また、天皇を戴く民としてのあり方は?
記紀に次ぐ聖典「万葉集」を紐解き、祖先たちの魂の息吹にふれ、
皇室と日本の来し方行く末に思いを馳せたいと思います。

○参加費:無料(懇親会参加者は飲食代適宜)

■主催
「皇室と日本を考える」実行委員会
http://nihon.lar.jp/
(※お問合せ&連絡先:info@nihon.lar.jp)
■共催
女系天皇に断固反対する会
http://mixi.jp/view_community.pl?id=334458
万世一系の皇統を守る会
http://off4.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1166609691/

34 :エージェント・774:2007/02/19(月) 00:13:56 ID:UcvbzAuU
>>18,>>24,>>27-28

>>18のレポが出ました。どうぞ↓

http://nihon.lar.jp/houkoku01.html
http://nihon.lar.jp/

35 :彦十郎 ◆cJvFWLWQj6 :2007/02/25(日) 11:24:02 ID:CTKrNacM
次の関西オフはこちら↓

☆皇統の未来を守るオフ15☆
☆学習会「八瀬童子の歴史と現在」☆

●日時:平成19年3月24日(土曜日)午後2時集合

●場所:京都市歴史資料館(京都市上京区寺町通荒神口下ル松蔭町138-1)
    1階展示室
http://www.mapion.co.jp/c/here?S=all&F=mapi4902347070225103834
※京都市歴史資料館の入口は寺町通側(西側)です。

●アクセス:京都市バス「河原町丸太町」バス停より徒歩5分
      京都市営地下鉄烏丸線「丸太町」駅より徒歩10分
      京阪鴨東線「丸太町」駅より徒歩10分

●テーマ:洛北八瀬の里に住まう人々は、後醍醐天皇の京都脱出に際して主上の輿
 を担ぎ警護にあたって以降、行幸・大喪の輿丁や即位礼の警護を務め、平成の今
 も毎年皇室よりの御下賜を賜るとともに、「八瀬童子会」を組織して歴史と文化
 の継承に努めています。小説や俗説で虚実取り混ぜて語られることも多い
 “八瀬童子”の実像を、歴史と現状の両面から学ぶことにより、皇室奉護の精神
 を養う糧としたいと思います。

●費用:無料。懇親会参加者は飲食代適宜。

●当日連絡先:090-9273-5667
 当日の13:00〜懇親会終了時まで繋がります。メール、ルス電不可。

36 :九郎:2007/03/06(火) 21:27:20 ID:GhA6iQFI
今回のナビは僭越ながら小生の担当ということで、
かねてよりなじみのあった万葉集を題材にお話をさせていただきました。
年度末ということもあってか多忙の方が多かったようですが、
それでもナビをいれて八名の方が参集してくださりました。
以下、拙文恐縮ですがご報告させていただきます。

はじめに、万葉集巻頭にある雄略天皇や舒明天皇の御製歌、
そして中皇命の御歌を味わいつつ、
イザナキ・イザナミの婚姻の際の歌「あなにやしえおとこを」「あなにやしえおとめを」から
J-POPや現代短歌に至るまでの歌の歴史のなかで、
万葉集がどのような位置にあるのかから説明いたしました。
万葉集は、神武建国と今上の御代のちょうど中間にあたる
奈良時代に編纂された国民的歌集であり、
主として七世紀前半の舒明朝から淳仁朝までの百数十年間、
4500首余りを収録しています。
舒明天皇より前の歌としては、古くは仁徳天皇の皇后である磐之媛の歌や、
雄略天皇の歌なども採録されてますが、その数はごく少数です。

次に、聖武天皇を思い光明皇后が作られた御歌
「我が背子とふたり見ませばいくばくかこの降る雪の嬉しくあらまし(1658)」を取り上げ、
また神武天皇の御製歌「葦原のしけしき小屋に菅畳いやさや敷きて我が二人寝し」や
今年の歌会始での皇后陛下の御歌
「年ごとに月の在りどを確かむる歳旦祭に君を送りて」にも触れ、
建国の昔から日本国の政体は幾たびも変遷してきたけれども、
皇室そのものはそんなに変わってないのではなかろうかという話をいたしました。

37 :九郎:2007/03/06(火) 21:29:05 ID:GhA6iQFI
次に、柿本人麻呂の歌「大君は神にしませば天雲の雷の上に廬らせるかも(235)」をはじめとする、
大君は神にしませばという一連の歌を取り上げました。
このような歌は壬申の乱以降に起こったものであり、
一部の学者はそのことを根拠に
「天武天皇より前の天皇は神ではなかった。
天武天皇はみずからの権威を高めるため自らを神格化したのであろう」
という趣旨の主張をしております。
しかし、同じく柿本人麻呂の作に
「葦原の瑞穂の国は神ながら言挙げせぬ国しかれども言挙げぞ我がする(後略)(3253)」
という歌があることから、万葉時代より前の日本では、
天皇は神であってもことさらそれを言挙げしなかったということが言えると思います。
ではなぜこの時代、日本はあえて言挙げもするという気風に変わってきたのかといいますと、
儒教・仏教という合理的宗教の流入により日本人の考え方や感じ方が徐々に上古とは変わってきたこと、
隋・唐帝国の成立により否応無しに大陸の思想・文化を受け入れざろうえなくなったことが考えられます。
同様に、記紀にはほとんどみられない天皇を褒め称える歌も、
万葉の時代には広く作られるようにとなりました。
また、日本語における「神」の語義を明らかにしつつ、
戦後間もない昭和二十一年年頭に渙発された新日本建設の詔書に触れ、
それが神話を否定するものでもなければ、
天皇が神であることを否定するものでもないことに言及いたしました。

38 :九郎:2007/03/06(火) 21:34:19 ID:fxNnG4dD
次に、日本国の國體には 祖神 ― 皇君 ― 臣 ― 民 という四層構造があることを指摘し、
万葉集の歌から、皇君(キミ)と臣(オミ)と民(タミ)それぞれのあり方を考えいました。
具体的にはまず、田口益人大夫が上野の国司に赴任する際の歌
「昼見れど飽かぬ田子の浦大君の命畏み夜見つるかも(297)」や
笠朝臣金村「もののふの臣の壮士は大君の任けのまにまに聞くといふものぞ(369)」など
皇君に仕える臣の心意気を歌った歌、
聖武天皇の御製歌「食す国の遠の朝廷に汝らがかく罷りなば平けく我れは遊ばむ
手抱きて我れはいまさむ(後略)(973)」に触れ、
臣とは、天皇が安らかな心でいられるよう、その命(言葉)を畏み、
その手足となって行動すべきことを説きました。
また、天皇は日本国民(王化の民)だけでなく世界諸国民(化外の民)を含めた
全ての民の安寧幸福を祈られる立場にある方ですから、
そのためには天皇自身が心安らかにいることが大切ではないかという旨を、
あわせて主張いたしました。
また、「海行かば」の歌詞が織り込まれている長歌として名高い、
大伴家持の陸奥の国に金を出だす詔書を賀く歌にも触れました。
「(前略)梓弓手に取り持ちて剣大刀腰に取り佩き朝守り夕の守りに大君の御門の守り
我れをおきて人はあらじといや立て思ひしまさる(後略)(4094)」。

次に、大唐帝国の脅威から祖国を守るため、
遠く東国から北九州に赴いた防人の方々の歌を取り上げました。
その中には、「今日よりは返り見なくて大君の醜の御楯と出で立つ我れは(4373)」のように
勇ましい歌がいくつかある一方で、
「真木柱ほめて造れる殿のごといませ母刀自面変はりせず(4342)」
「我ろ旅は旅と思ほど家にして子持ち痩すらむ我が妻愛しも(4344)」のように、
父母や愛する妻そして子供との別れを嘆き悲しんだ数多くの歌があります。
やはり民とは、臣とは根本的に異なったものだと言わねばならないでしょう。
そして、すべての民に臣であることを強要する「臣民」という言葉に
語弊があることにも言及いたしました。
ただし、社会的立場は民であったとしても、
臣としての心がけで生きることはできると思います(草莽の臣)。
たとえば先ほど紹介した、「今日よりは」という歌を残した防人の方などは、そのよい例でしょう。
もし皇統護持や國體復興を志すならば、
それは天皇の臣に近づくことを意味するのですから、
そういった皆さまには、まっとうな臣としてのあり方を学んで欲しいものだと思います。

以上、簡単にではありますが、ご報告とさせていただきます。
このような機会を設けてくださった皆さま、当日足を運んでくださった皆さま、
そしてこの拙文を読んでくださった皆様、ありがとうございました。

39 :エージェント・774:2007/03/12(月) 07:05:37 ID:dXrafMw8
04/01【東京】「皇室と日本を考える」学習会(第十一回)

日時■2667年04月01日(日)午後1時30分〜午後4時00くらい(最大延長30分)

場所■東京都(勤労福祉会館5階 第一・二和室 豊島区西池袋2-37-4
池袋南口からメトロポリタンホテル方向に徒歩4分池袋警察署ならび
TEL03-3980-3131http://nihon.lar.jp/02.html

◎四月のテーマ
「神ながらの道〜天皇論をめぐる蓑田胸喜の言語魔術〜」(担当:Frida)

戦前、機関説の美濃部達吉や神話否定の津田左右吉を始めとする多くの学界
の権威を、愛国憂国の立場から、執拗激烈に批判追究した「原理日本社」。
その筆頭こそ蓑田胸喜である。
純情な少年が明治の風潮に乗じて、文学のロマンと哲学の苦悩にもまれつつ、
いつのまにか論壇界における護国の「狂気」となり、終戦後ひそかに自決。
壮絶ながら地味、地味ながら壮絶な彼は、結局、何を伝えたかったのか?
彼は何に魅せられ、何を守ろうとしたのか?蓑田胸喜の魅力と人間性に迫る。

○参加費:無料(懇親会参加者は飲食代適宜)

主催■「皇室と日本を考える」実行委員会http://nihon.lar.jp/
(※お問合せ&連絡先:info@nihon.lar.jp)

共催■女系天皇に断固反対する会
http://mixi.jp/view_community.pl?id=334458
共催■万世一系の皇統を守る会
http://off3.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1147608766/

40 :九郎:2007/03/16(金) 20:58:30 ID:b5QAEHUE
>39
万世一系の皇統を守る会のURLが前スレのままですね。

41 :エージェント・774:2007/03/16(金) 22:09:36 ID:uE27flvX
2ちゃんのスレを勝手に「会」にすな。誰が共催するって言ったんだ。

42 :九郎:2007/03/17(土) 20:16:08 ID:3+imMsYf
>41
ここはオフ板の皇統護持スレですから、
オフに参加している人には、オフに参加していない人に優る発言権・決定権があります。
文句がありましたら、学習会などの場でご発議ください。

41 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)